仲介手数料を安くするために必要な業者選びや方法

>

物件の売買時に知っておきたい事

不動産売買の仲介手数料を安くするには

賃貸に比べて不動産売買の仲介手数料は高額になるケースがほとんどです。
例えば1,000万円の物件であれば、その3パーセントと6万円を足した金額である36万円と消費税がかかることになります。
また、これは売り手側と買い手側の合計ではなく、それぞれから受け取ることができるのです。

この仲介手数料を安くする方法としては交渉が重要になってきます。
動く金額が大きいため、顔を合わせる機会は自然と多くなります。
その時にコミュニケーションをしっかりととることで、仲介手数料の値引きが期待できます。

ただし、物件の売買の仲介をするには大きな責任が伴います。
そういった部分のお礼の意味も兼ねて、値引きの程度は考えたほうが良いかもしれません。

物件を売る時の仲介業者の選び方

最後に物件を売るときの立場から、信頼できる業者を選ぶポイントをまとめました。

・得意分野の会社を選ぶ
マンションに強い業者、一軒家に強い業者、テナントなど住宅ではない物件に津陽業者など、それぞれの分野で強みがあります。
より条件良く売ることができるように、自分の物件に合った業者選びをしましょう。

・担当者との相性をみる
条件は悪くなくても、担当者と相性が悪いという事があります。
大きな金額が動く契約です。
期間も長くなりますし、思わぬ問題が起きることがあります。
担当者と相性が悪いと感じたのであれば、担当者を変えてもらうか、別の業者を選ぶのも一つです。

・一括査定を利用する
一つ一つ見ていくのではなく、まずは一括査定をするのも一つです。
その中から気に入った業者を選ぶと無駄なく決めることができます。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る