仲介手数料を安くするために必要な業者選びや方法

>

仲介手数料の必要性

仲介手数料とは

仲介手数料とはどういうものなのかをご説明したいと思います。
仲介手数料とは、住宅物件の売買取引や賃貸取引の際に、売り手側と買い手側に間に立って仲介を行った業者に対して支払われる報酬のことです。
契約の成立には事務業務や日程の調整など様々な業務が発生します。
それぞれの取引をスムーズに成立させた事に対する報酬というわけですね。


支払う側は売り手側や貸し手側、買い手側や借り手側の両方の場合があります。
しかしその上限は定められています。
賃貸契約の場合は合計「家賃の一か月分とその消費税以下」となっています。
売買契約の場合はそれぞれ「売買代金の3パーセントと6万円と消費税を足したもの」となります。

この仲介手数料は成功報酬となっており、契約が成立しなかった場合は発生しません。

賃貸の仲介手数料

賃貸契約の場合、大手の不動産会社であれば一律にしているところが多いです。
その中でも、上限である一か月の家賃分を仲介手数料として借り手側から受け取るとしている会社が多く見られます。
ただし、同じ会社であってもフランチャイズだったり、地域などの条件違ったりなど、仲介手数料が違うところもあります。

同じ会社、同じ支店であっても仲介手数料が変わることもあります。
先にご紹介した通り、仲介手数料の上限は「大家さんと借りる人の合計」が家賃の一か月分以下と定められています。
大家さんが払っていれば、借りる人の仲介手数料が低くなるのです。

なかなか借り手がつかない物件などは少しでも借り手を付けるために大家さん側から提案し、安くなるという事があるのですね。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る